はい、こちら加茂ちゃんで~す。

デジタル時代に生きる、アナログ人間の日々。

hp2133

久しぶりに起動させたミニノート。やたらと「更新ファイル」をインストールしていて、前に進まない。ie8が終わったと思えば、VISTA SP2を入れるように出てくる。アラートなんか気にしなくても良いと思うが、そのままだとウザいのでやってしまうのだが、それだけで軽く3時間かかってしまう。
いつになったら、実践になることやら。

もうすぐ部屋の改修工事が開始されるので、メインのパソコンはちょっとの間使えなくなると言うので、買って少しいじくってそのままにしてあった、hp2133をケースから出してきて年末から再設定。パソコンという機械。特にインターネットのこの時代は、使わないときでも1日1回は電源を入れないとダメみたいで、9ヶ月ぶりに電源を入れたら、「更新ファイルがあります」というアラートが出っぱなし。WindowsというOS、まだMS-DOSを引きずっているらしく、「再起動」をしないと反映されない。ぜんぜんやりたい作業がやれずにあげくの果ては、ie8に更新して下さいとしつこく出てくる。
やっぱりこのパソコンには、Vistaは「荷が重すぎる」ようです。
やっと設定が終わって起動。んでも、インターネットはXPより心持ち速いかも・・・。

「Nの亀ちゃん」やめた理由?
実は亀ちゃん、Nブランド信者だったのです。ノートパソコンはもちろんLaVieを使い続け、携帯電話は「Nのケータイ」でした。ムーバ時代の独特な捜査方法が意外に使いやすかったのです。現在のFOMAでは操作がどれも同じになり、いろいろ出来なくなりiモードはメールしか使ってません。LaVieも一年ごとに友人から中古を譲り受け使っていましたが、リカバリーして出荷状態の戻しても最近のLaVie、うざったいほどソフトが付いてくるし、起ち上げるたびに121ポップアップリンクは上がる、プロパイダー入会ソフトやBIGLOBEツールバーだのJWORDなどというお邪魔虫まで付いてきて、削除する方が大変な状態。いっそのことクリーンインストールしてしまったが、他のメーカーのようにドライバ類はサイトで配布してないので、中途半端な状態になってしまう。むかしはシンプルそのもので、Windowsくらいしか入ってなく、スッキリしてました。まあ98NOTEまでさかのぼれば、OSまで別売り。本当に「ただの箱」状態でした。
HP2133、本当にシンプルですね。VISTAと必要最小限のものしか入ってないし、HPのサイトに行けば「ドライバ類」はダウンロードできるし、カスタマイズしやすいですね。Fというメーカーの「おまけ商法」をまねしたNは当分の間、お休みです。

冬は寒いので、やっぱりベッドの上でパソコン。そんなわけでHP2133をッドの上に持ち込んで書いている。まだ使い込んでないので打ちづらいのですが、バームレストがないのが、ありがたいのです。もう少し慣れればモバイルギアなみに「頼もしい相棒」になれるかもしれません。   

Word、Excelも今のversion2007は画面が200パーセントまで拡大できるので、さっそく設定。HP2133の解像度と画面サイズで、やっと文字が見やすくなりました。さっそく打ってみた。久しぶりのキーボード感覚、いいですね。しかしキーボードがフラットで間隔もないので、余計なキーまで打ってしまう。98NOTEのように「パチッ」とした感じがほしいのです。見つければあるものです。Windowsには障害者用のアクセシビリティ機能があり、その中の「フィルタキー」を使えば、キーの反応速度が鈍くなり、確認音もするので、うるさかった98NOTEのキータッチがかなり再現できます。
これでかなり使いやすくなりました。

↑このページのトップヘ