はい、こちら加茂ちゃんで~す。

デジタル時代に生きる、アナログ人間の日々。

2010年03月

21年度も今日で終わり。本当に大変な年度でした。明日から新年度、うちの施設もやっと新体系移行。支援費制度だの障害者自立支援法だの法律が改定されるたびに、生活環境が変化する。だいたい健常者は法律が変わっても犯罪でもしない限り、それほど変化はない。郵便局が民営化されようとそれほどでもないが、障害者の場合、何も悪いこともしてないのに、「法律が変わりましたので負担額を多くします」と、有無をいわせず取られてしまう。本当に理不尽な世界。
官僚や政治家というのは、「障害」を一過性のものといつまで「誤解」しているのだろうか?「障害」は一生つきまとうものだし、「自立」しろといわれても環境がなければ「自立」も出来ません。もっと障害者が安心して暮らせる環境から「グランドデザイン」していくのが、「自立支援」だと思うのです。

かっぱえびせんを初めて食べたときは本当に、キャッチコピーどおりで驚いたことがある。あの微妙な塩加減がたまりません。
「やめられない、とまらない」ものといえば、もう一つ出てきた。「携帯メール」がそうですね。パソコンメールは相手が開かない限り分かりませんが、携帯メールは「着メロがなる。おまけに相手によって返られるので、届いたとたん相手が分かる。たわいのないメールだがなぜか返事をすぐ送る。相手も返事をすぐくれるので、こっちもすぐにだす。やっているうちに「チャット状態」になっていき、会話が弾むと3時間ぐらいやってしまうこともある。
携帯電話を持っていても「電話」より「メール」が多くなったと通信会社の人が言っていたが、確かに「文字」の方がいいやすいこともあるだろうな。まあ加茂ちゃんなんて、14年以上携帯電話を使っているが「通話」なんて鋳物数えるほどしかやっていない。iモードが出来た頃は機能も多くなく、ボタンも大きく使いやすかったので、銀行振込から本の注文まで携帯電話でやっていた時期もあったが、現在ではやれませんね。小さなボディに機能を多く入れた分、ボタンが小さくなり押せなくなってしまった。かといって「らくらくホン」では遊べないし、どうすりゃいいの?



メールは1分で返しなさい
フォレスト出版
神垣 あゆみ

ユーザレビュー:
正直、今ひとつでした ...
メールに自信がある方 ...
決まったフレーズを、 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

昨年の11月にBIGLOBEからイー・モバイルに申し込み、「高速モバイル通信」のオプションをつけたが、一度も使う機会がない!居室工事の時に使おうと思ったら、荷物の中に、「ミニノート」も埋もれてしまって出せなくなり、結局友人のパソコンをちょいと毎日、拝借していた。
しかし端末カードの俗称が、どうして「データカード」になったんだろうか?おまけにカードと言っても、装着するのはUSBスロット。カードじゃないイメージ。

やっぱりカードで通信と言えば、P-inのイメージが強すぎる世代!「通信カード」と言って、PCカードスロットに差し込んで使ったものです。ドコモがもうちょっとPHSに力を入れてくれていたら、もう少し安くて速い、モバイルインターネットが出来ただろうに・・・。ついでに3Gは不便なのです。パケットに限られているため、PDCやPHSのようにダイレクトにファックスが送受信できない。現在でのメールアドレスがないところやあってもスパム防止のため公表していないところがある。ファックスの方が多い。ワープロソフトから印刷するように送れたファックス機能は便利だったのですが。

バトルトークラジオ・アクセスも来週で終了。最近はネタ切れらしく「名画(映画)は映画館で見たいですか?」なんて下らないテーマ。「映画は映画館で見るからこそ価値がある」と思いますが・・・。DVDになった時点で「映像ソフト」になってしまうと思うのですが・・・。なんだかなあ!まあ4年間、渡辺真理ちゃんの声が聞けたので良いとしよう。
しかし後番組は、経費節減が一目で分かるような局アナばかりですね~!次はどの番組が打ち切りになるのか?TBSラジオって、聴取率ナンバー1とか言っているが本当はどうなんでしょう?うちの地方は関東だが、夜まともに聞こえるラジオと言えば、1000KHz以下のNHK第1・第2とTBSしか入ってこない。文化放送・ニッポン放送・RFラジオ日本はフェーディングで聞こえなくなる。韓国のKBSワールドラジオの方が安定しているくらいだ。
そんなことで、仕方なくTBSラジオを聞いてしまっている分もあるかも?

丸川珠代ちゃんが叫んだ一言。
花形マスター曰く「アラフォーと女子アナ好き」な加茂ちゃん、丸川珠代ちゃんなんて、ストライクゾーンなのですが、この発言はどうなんですかね?「子ども手当法案」には不備はありますが、もとアナウンサーらしく「言葉を選べない」んでしょうか?
議員になっていなければ今頃は「第2の小宮悦子」とかつけられて、メインキャスターになって「この国会議員の発言をどう思いますか?」なんて報道していたでしょうね。
まあ「愚か者」ばかり集まった政党から出馬したのが、間違いだったかも?

↑このページのトップヘ