はい、こちら加茂ちゃんで~す。

デジタル時代に生きる、アナログ人間の日々。

2009年06月

長谷部安春監督が亡くなったそうです。
ご冥福をお祈りします。

「あぶない刑事」のノリと軽さが好きでした。
最近は同じコンビものの「相棒」も演出していましたが、こちらは重いテーマばかりなのですが、なぜか笑ってしまうのです。「警官殺し」の小野田官房長と内村刑事部長のやりとりは良かったですね。すました顔で「そんなこと出来るの?」と脅すシーンが何とも言えません。
「編集された殺人」ではあの右京さんが、カラオケを選曲したのが何とも「浪曲子守歌」。米沢さんが気持ちよく、逃げた~女房にゃ~未練はないが~♪と歌い出すと、あっけなく「もういいです」ととめてしまう。少々寂しそうな米沢さんでした。どうにもリアルすぎる演出。

惜しい監督さんでした。安らかにお眠り下さい。




あぶない刑事 [DVD]
東映ビデオ

ユーザレビュー:
フラメンコ(*^o^ ...
テレビは面白いが映画 ...
刑事ものの金字塔「あ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

日本航空に税金投入?何のために「完全民営化」したのか、分かりません。とっとと「倒産」させればいいじゃん。それが「資本主義」の原則。どこまで「天下り先」確保すれば気が済むの?日本郵政も「政治は口出すな」といっている人の方が、よっぽど「政治介入」していると思います。ライオンみたいな元総理と工務店のような名前の経済学者が一番、日本をダメにした。

厚生労働省の村木厚子局長逮捕。本当にご苦労様ですね・・・。「障害者自立支援法」という変な法律を作らされたあげくに逮捕とは、あきれると言うより同情すらしてしまう。せめて拘置所生活は「原則1割負担」と「食費・光熱費」は自己負担でお願いします。刑務所にもし行ったら、工賃も「収入」と見なし刑務所へ支払って下さい。これをやってこそ「自立支援法」を自ら実践したと評価いたします。

携帯電話を初めて買った頃、基本料金が高くて払えないので、ドニーチョで使っていました。土・日・夜しか使えない!いずれにせよパソコン通信とファックスしか使わないから良かったんですが、親から「そんなのどうするん」と言われたものですが、それでも自分にとってはかなり便利でした。iモードが登場するまでは使っていたような気がする。ドニーチョも新規受付付けが終了して10年なんですね。早いものです。
こちらはと言えば、買ったときから一度も番号変更なし、030から090に強制的に変更されたぐらいなので、今年の7月で14年間の継続利用となる。本当に携帯電話も変化して、ビジネスマン風な宅麻伸さんキャラから堀北真希さんキャラのCMになりました。機能は現在の方が良いけれど、デザインはゴツゴツした昔の方が好きでした。

午後になって何日かぶりに太陽が顔を出した。気持ちいいものです。やっぱり太陽を見ないと気持ちも沈みますね。
とはいうものの、ここ何年か「日焼け」せず「日光疹」になってしまう、腕を30分くらい日に当てると、ぶつぶつが出てきて強烈なかゆみに襲われる。夏はともかく冬でもそうなってしまう。年を取ったかオゾンホールが大きくなったのか原因は知らないが、辛いものです。

↑このページのトップヘ