はい、こちら加茂ちゃんで~す。

デジタル時代に生きる、アナログ人間の日々。

2008年06月

ある女優さんのブログが大変なことになったらしい。まあここへよく出てくる名前の方ですが。彼女の言い分も理解できますが、自分のためのボランティアを集めるなら、もっと違う表現があったと思う。「ボランティア」という言葉ではなく、「田舎の家造りが体験されたい方」とかなら良かったかもしれませんし、交通費・宿泊費自己負担というのも、ちょっと甘すぎると思う。せめて最寄り駅からのバス代くらいは負担します。宿泊代は全額負担します。くらいは、ボランティアにとっての礼儀だと思う。最後はボランティアが「一緒に楽しめた」と感じてくれることだと思う。

http://career-cdn.oricon.co.jp/news/55350/full

「理想の父親ランキング」ね・・・本当なら自分がちょうど父親世代なので、あまりピンと来ないですね。宇津井健さんぐらいしかいません。少々視点を変えて、「理想の兄貴」なら、

1,三浦洋一さん
2,水谷豊さん
3.松田優作さん

が出てきてしまう。

あまり共通点ないけれど、あまり格好もつけずに何でもやってくれそうだし、親身になって怒ってくれそう。

梅雨の晴れ間、今日は気持ちよく晴れている。明日はどうなんだろうか?
今、施設のホールでは「和太鼓」の慰問が来ているが、どうにも行く気になれないのが、ボクの悪いクセ!なのである。「慰問」という言葉もずっと抵抗あるし、音楽にも好みがある。
「慰め」をもらうほど不幸とは思っていないのである。それよりも「自分の時間」を大切に使いたい。

↑このページのトップヘ