はい、こちら加茂ちゃんで~す。

デジタル時代に生きる、アナログ人間の日々。

2006年07月

小山茉美さんという声優さんは、本当不思議な声を持ち主。アラレちゃんで「んちゃ!」なんてやっているかと思えば、ナイトライダーのボニー・バストゥという女性科学者もやっているし、NHKにくるとお母さん役もやってしまうし、ドキュメント番組のナレーションもこなしてしまう。プロと言ってしまえば終わりだが、どうして声が変えられるのか不思議で仕方がない。俳優さんや声優さんの中にはキャラクターが固定されてしまう人も多いが、小山さんはそれがない。自分はそういう役者さんが好みかもしれない。

いよいよCSでサンダーバードがレギュラー開始!この日のためにスカパー!を入れたようなもの。待ってましたとばかりにレコーダーも活躍。不要な部分はカットしながら、DVD-RAMにダビングした。第1話は「SOS原子旅客機」これぞサンダーバードの真髄。フッドのしかけた爆弾によりファイアーフラッシュ号が着陸不能となり、2号の高速エレベーターカーで救助するというストーリー。メカもリアルだが最後でフッドの頭からフィルムが飛び出してくるのが、イギリス流のジョーク。アメリカには出来ない演出。
アメリカといえば、ナイトライダーとバイオニックジェミーもライブラリーしてあるが、この二人は事件のさなかによく恋をするし、良き理解者としてデボンとオスカーがいたり、エイプリル・カーチスとドクター・ルディはエンジニアなのか医師なのか、とにかく「二足のわらじ」どころか現場にも顔を出してしまう。これはアメリカヒーローもののパターン。
アメリカはよく、よその国のものを映画化するが、あまり成功していないのは原作の中にある「文化」を無視して、アメリカナイズしてしまうところだろうか?

↑このページのトップヘ