はい、こちら加茂ちゃんで~す。

デジタル時代に生きる、アナログ人間の日々。

2006年03月

ローカルなテレビ局テレビ埼玉だが、番組編成は本当にオタクが泣いて喜ぶ内容だ。以前から書いている「バイオニック・ジェミー」もやっているが、「喧嘩屋右近」もそうだし、現在は「おしどり右京捕物車」やら堺正章バージョンの「西遊記」もやっているからたまらない。下手なキー局よりは面白いし、無料で見られてしまうから、ますますありがたい。しかし、右京だの西遊記だの、キー局への対抗心?

画像オークションで落札した東芝のハードディスクレコーダー、かなり安い買い物でした。先日「リモコン」の話をしましたが、東芝製のレコーダーにはLAN端子が付いていて、パソコン経由で操作が可能になっています。あの細かいリモコン操作から解放されて、番組予約もインターネットの番組表から選択するだけですんでしまいます。
おまけにフリーソフトを利用すると、レコーダーの中にあるファイルがパソコンに入れられる。残念ながらネットワークディスクに直接転送できないが、結構便利な機能。レコーダー自体を持つのは初めてなので、160GBと言う容量が少ないのか多いのか分からないけれど、録画したら、さっさとネットワークディスクに入れてしまい、本体側のハ-ドディスクの内容は消去してしまっている。
とはいえ、録画したものは友人に頼まれたものばかりで、自分で使うのは今夜が初めて。何しろ今夜はすごい日で、「相棒 最終回2時間スペシャル」と「バイオニック・ジェミー」が20時にぶつかる。週1度の楽しみが同時多発してしまう。どちらも見逃せない、今夜はテレビデオで「相棒」を見ながら録画し、レコーダーで「バイオニック・ジェミー」を録画するという、かってない経験の日になる。

近頃、AV機器を買うとリモコンが付いてくる。最初のうちは便利だと思うが、機能が増えるにつれ、ボタンも増えるし、小さくなってしまい、使いづらくなってしまう。一番やりづらいのはジョグダイアルというやつだが、「回しながら押す」という操作は障害者にとって不便で仕方がない、もう一つ、カーソルボタンの真ん中が決定ボタンになっているのもやりづらい、もう少しデザインやユーザーインタフェースを考えてもらえないだろうか。リモコンではないが自分は携帯電話はムーバNに決めてしまっている。ボタン機能が独立しているため、扱いやすいからだ。
それにしても最近のAv機器はリモコンに頼りすぎて、本体ではほとんど操作が不可能になっているが、本体で操作した方が安定して行えるし、リモコンをなくしても安心できる。どんどん増えるリモコンをおくところもない、何とかしてくれメーカーさん。

↑このページのトップヘ